経験者インタビュー|語学留学ではなくマレーシアのインターンに挑戦!

マレーシア・8ヶ月・橋本さん
2018.08.05
海外インターンの実情はどうなのだろうという疑問があるのではないでしょうか。そこで、マレーシアでのインターンを経験したGW生のインタビューをご紹介します。海外インターンに行こうと思った理由や、仕事内容、海外インターンで得られたスキルなどについてお話頂きました。

今回は、留学ではなく海外インターンシップを選択したGW生のインタビュー記事です。なぜ海外インターンを選択したのか、実際の仕事内容について、海外インターンで得られたスキルなどについてお話頂きました。

 

自己紹介をお願いします
2017年6月〜18年1月末まで(大学4年生時)の8ヵ月間、マレーシアにある日系不動産会社にてインターンシップしていました。インターン先の企業では、人事やマーケティング、経理など幅広い業務を経験しました。

 

海外インターンシップに行く前はどのような学生でしたか
海外インターンに行く前は、アルバイト中心の生活でした。勉強はそこそこで、先生や友人と和気藹々と過ごす普通の大学生活でした。

 

どうして海外インターンシップに行こうと決意されたのですか
就活を控え、自分はこの大学生活は何を頑張ったんだろうかと考えた時に、アルバイトしかなかったことが海外インターンを視野に入れ始めたきっかけです。学校の勉強も熱中して取り組んだという訳ではなかったので、自分自身が注力したものが欲しいと考えていました。
また、周りは教師を目指す人が多いのですが、自分は教師になるのではなく、一般企業に行きたいと考えていました。このような考えと海外に行ってみたいという気持ちから、語学留学ではなく、ビジネス経験を積むことのできる海外インターンに行くことにしました。

 

海外インターンシップに行くときの不安はありましたか
渡航前は、ワクワクする気持ちの方が大きかったです。インターン先ではどんな仕事が待っているんだろう、海外インターンをやりきったら自分はどんな人になっているんだろうと期待が膨らんでいました。
それでも不安だなと思っていたのは、海外への長期滞在が初めてだったので現地での生活への不安や、インターン先でのパソコンスキル、英語スキルの不安はありました。また、友人たちと長期間会えなくなるのは寂しいと感じていました。

 

## インターン中の一日の流れを教えてください

8:15
9:00
9:00〜9:15
9:15〜10:00
10:00〜12:00
12:00〜13:00
13:00〜14:00
14:00〜16:00
16:00〜18:00
18:00〜20:00
20:00〜20:15
20:15〜21:00
21:00〜23:30
23:30〜02:00
起床、身支度
出社
モーニングMTG
メールチェック・対応
日々の業務
メールチェック・対応
昼休憩
日々の業務
マネジメント、他のスタッフ業務のサポート
残った仕事
日報提出
夕飯・帰宅
自分の時間
英語勉強、パソコンスキル→就寝

 

インターン中はどのような業務をしていたのですか
人事やマーケティング、経理など幅広い業務を経験しましたが、中でも人事とマーケティングの仕事に注力していました。人事の仕事は採用責任者として中途社員やインターン生の人材を獲得すべく日本人はもちろん外国人の方の採用も行っていました。採用は、最初の書類審査、面接から採用後のフォローアップまで自分一人で行っていました。
マーケティングの仕事は、自社の不動産サービスのポータルサイトの管理を担当していました。そこでは、物件の掲載管理や広告法に基づいた文章の確認、不動産を買った人へのインタビューなどの記事執筆をしていました。

 

これぞ海外インターンというエピソードはありますか
これぞ海外インターンだなと感じるのは、多国籍のスタッフたちで働いている環境です。会社には、マレーシア、インドネシア、アメリカ、中国、パレスチナなどの国籍の人がいて、お互いに文化の違いがあり、コミュニケーションの取り方やタスク管理などは非常に難しいなと感じました。

 

インターン中に達成した成果・実績はありますか
採用実績は、自分が採用責任者として、中途社員6名、インターン生30名採用したことです。その中でも自分が採用したインターン生3名が正社員として入社したのも達成感がありました。

 

インターン経験前後でのご自身の変化はありますか
自分の中での変化は視座が上がったことや何事も自分の納得感を大切にするようになったことです。海外でのビジネス経験や現地の生活を通じて、岐阜で大学生活を送っていたときよりも、自分の視野が地方から全国、海外へと広がり、物事を俯瞰的に考えられるようになりました。外へ外へと出て行くようになり、人脈も広がり、触発されることも多くなりました。さらに、海外インターンで悩んだり、達成感を得たりすることを通じて、自分と向き合う時間が増え、自分自身への納得感を大切にするようになりました。例えば、私は学歴コンプレックスから大手企業に就職したいという気持ちが強かったのですが、海外インターンをやりきってからは、自分に自信を持てるようになり、他人からの目線ではなく自分の中での納得感を軸として就活しようと思っています。

 

海外インターンのメリットはなんですか
いろんな挫折や苦労を通じて、自分と向き合えることだと思います。自分と向き合うことを通じて、就活やその後の将来に繋がる自分の根本にある価値観に気づける点が大きなメリットだと思います。私は、自分の価値観を理解したことで、就活やキャリアを考えることに楽しみを感じています。

 

海外インターンにかかった費用を教えてください
プログラム費を除いて、航空券やビザ代などを含めて8ヵ月で35万円ほどです。1ヶ月生活費は、30000~35000円くらいで、他は旅行費として使いました。給与は無給でしたが、滞在先を共益費3000円ほどで提供していただいたので比較的安く費用を抑えることができ、休日は国外に旅行する余裕がありました。

 

Global Wingを利用してよかったことは何ですか
帰国後の就活サポートにとても満足しています。岐阜から東京で就活を始めようとすると、情報も少なく、人脈もないので、かなり心細いです。しかし、Global Wingの方がキャリア相談や面接対策などを親身になってサポートしてくださり、とても心強く、就活も順調に進んでいるのでとても感謝しています。

 

海外インターンシップを検討中の方へメッセージをお願いします
海外経験というと語学留学などが始めに選択肢に入るかと思いますが、私は海外インターンで多くのことを学び、自分とも向き合えたので、海外インターンを強くオススメします。海外インターンを悩んでいる方には、ぜひ挑戦して欲しいと思います。

 

## まとめ
いかがでしたか? GlobalWingではアジア地域でのインターンシップを中心に紹介し、インターンシップ期間中も二人三脚でサポートを行っております。興味がある、また、興味はあるけど不安や悩みがある人などいらっしゃいましたらぜひ下記リンクよりまずは無料カウンセリングをお問い合わせください。


PAGE TOP

まずはお気軽にご相談ください

あなたの様々な疑問や不安に、
GlobalWing専属のキャリアコンサルタントが
マンツーマンで対応しております。