社会人 | 海外インターンならGlobalWing

社会人記事の一覧です

自分のデザインスキルを海外で試したい!シラチャのスタートアップ企業でデザイン責任者として働く海外インターン生にインタビュー

海外インターンのリアル

, ,

浅井さん  


今回は美術大学を卒業して社会人として働いた後に海外インターンシップという選択をした浅井さんにインタビューを行いました。

自分の技術は社会で通用するのか

Q.1 海外インターンシップ行うことを決めたきっかけを教えてください

海外への興味は学生のころからずっと持っていましたがなかなかきっかけがつかめずにいました。社会人を1年間やったところで「ただ海外に行くだけではなく、何かをしたい」と考えてGlobalWingに連絡を取ったことが今回10か月の海外インターンシップに挑戦する決め手になりました。ちなみに、学生の時は美術大学に通ってデザインのことに関して学んでいました。今回の海外インターンシップでは、タイのシラチャで日本人向けフリーペーパーを立ち上げから行えると聞き、魅力的な案件だと思い、退職をして海外インターンシップに参加することを決めました。もちろん難易度は高いと思うのですが、これまで思っていたことやちょうど学生の時に培った技術等が社会で通用するのかを確かめたかったため、参加を決めました。

スタートアップ企業特有の裁量権と責任感

Q.2 海外インターンシップ中の大変だったことややっていてよかったことを教えてください

今は創刊して5か月、4千部を発行するまでに至りましたが、これまでは大変なことが多く、特に大変だった時期は2回ありました。
1回目は最初の3か月間です。最初の3か月間では、もう1人のインターン生と経営者の3人でどのようなフリーペーパーにしていくかというコンセプト作りや、最終的なゴールをどうするかなどについてディスカッションなどを多くしていったのですが、なかなか経営者の求めるレベルまで提案ができず、決めていた締め切り日がどんどんと延びていきました。「このままでよいのだろうか」「何のために来たんだ」という迷いや悩みが日々つきませんでした。しかし、提案や議論を重ねていく中でこうしたい、こうした方がよいという意見が出てきて、最終的に乗り越えることができました。
2回目は先月の締め切り間近の期間です。フリーペーパーが順調に回り始めたところで、ページ数を倍増することにしたのですが、そうすると単純にこれまでの仕事が倍になります。また、その時期にWebサイトの設計やデザイン、コンテンツ作りなども一挙に抱えてしまい、睡眠時間もかなり減って大変でした。無理な量をこなさなければいけない、というのは日本にはなかなかない海外のスタートアップ企業ならではの経験でした。

その反対に海外インターンシップの中で良かったと思うことも2点あります。
1点目は経営者との距離が近いことです。デザインスキルのある経営者の下、フィードバックをすぐに受けながら0→1で自分がデザインしたものを世の中に広められた、というのは本当に良かったと思います。日本とは違う環境で大きな裁量権を持って自分のスキルを活かすことができた、という点は自信にもなりました。
2点目は自分が責任者となりクライアントとの信頼関係を築くことができたことです。海外インターンシップではデザインから関わらせていただいて、今はクライアントの所に自ら足を運び、広告だけではなくメニューの作成にも携わらせていただいています。ここまで大きな責任をもって仕事をしたことはこれまでなかったため、今回自らの仕事を通じてクライアントと信頼関係を築き、新しい仕事につなげることができたのはこの先も生きてくることだと思います。

国内にいるだけは得られない視野の広がり

Q.3 海外インターンシップを検討している人たちにメッセージをお願いします!

もし今の視野の広さなどに満足していないのであれば、挑戦してみるのが良いのではないかと思います。のシラチャという場所でも多様な人との出会いがあり、日本では会えないような経営者や、日本とは違った環境で育ってきたからこそ自分とは違う考えを持つ外国人と話をする中で、いかに自分の視野が狭かったのかと思うのと同時に、新しくできる可能性にも出会います。そこは海外インターンシップに参加する大きなメリットだと私は考えています。
また、国内のインターンシップだとどうしても裁量権が少なく、支持を受けてから何かをすることが多いと思いますが、海外インターンシップだとそれとは比べ物にならないくらいの裁量権があります。私のアイディアが事業に採用されることもありますし、デザインをすべて任してもらえる環境もあります。そういった裁量権ある環境でやりたい、という人がいれば海外インターンシップは合っている環境かもしれませんね。

いかがでしたか?社会人になってから自分のスキルが通用するのかを確かめるために海外で働き、事業を支えている浅井さんから学ぶことは多くありました。GlobalWingではアジア地域でのインターンシップを中心に紹介し、インターンシップ期間中も二人三脚でサポートを行っております。もし興味がある、興味はあるけど不安や悩みがある人などいらっしゃいましたらぜひ下記リンクよりまずは無料カウンセリングをお問い合わせください。
http://globalwing.jp/contact/