MONGOLIA モンゴルの海外インターン情報

Mongolia

モンゴルの海外インターンプログラム

大手企業が参入しづらい市場環境が、スタートアップにチャンスを生む

中国とロシアという大国に挟まれたモンゴルは、豊かな鉱物資源に恵まれ、その輸出に大きく依存しています。1991年に社会主義国から民主化し目覚ましい発展を遂げようとしていますが、まだまだ資本主義が始まって過渡期の状態と言えます。生産量が足りない、大量に仕入れができない、などの理由から、比較的大企業が参入しづらい市場となっており、中小スタートアップの競争がこれから始まるフェーズです。

そういった意味でも、今後アジアで起業を目指す方にはもちろん、モンゴルでの経験自体に希少価値があり、他者との差別化を図りたい方にも良い選択肢のひとつではないでしょうか。

親日家の多いモンゴルと日本の今後について

民主化以降、日本からも助言や支援をし、構造改革を推進。1994年に初めてプラスに転じたが、その後世界的な資源安などの影響で主要産業の鉱業が不振となり、現在は厳しい状況となっています。日本はアメリカ・ドイツに並び、モンゴルの主要支援国の1つとなっており、またモンゴルの主要貿易国の輸入相手国では上位5カ国に入っています。また、日本へ留学する人数の比率でも世界トップとなっており、今後もモンゴルと日本の関係は深まっていくと思われます。

国名:モンゴル/ウランバートル

業界:人事コンサル、大学コンサル、外国人人材紹介

職種:営業、カウンセラー、教師

期間:3ヶ月~ ※2017年9月または、10月より受け入れ可能  ※長期間の方は尚歓迎  ※短期応相談

待遇:・活動支援金:600ドル/月
※ビザ取得費用は負担致しま・・・