GlobalWing第1号インターン生が語る、「海外インターンで身につく力」とは?

2017/01/06
globy34

今回は「海外インターンで身についた力とは何か」を経験者の方にインタビューしました。インタビューに答えてくれた方は倉敷さんと牧さんです。海外インターンのイメージが漠然としている方は必見です!

倉敷さん『海外インターンは思いがけないことも成長につながる』

Q1. まず海外インターンの内容を教えてください。
インターネットを用いて同国在住の日本人にベトナムのレストランや病院の場所・口コミなどの情報を、ネットを用いて提供する会社でインターンシップをしました。仕事としては、そのための取材や営業が主な内容でした。

Q2. 仕事をする上で身に付いたことを教えてください!
仕事をする上で身に付いた力は主に2つあります。
1つ目は何に対してもチャレンジする力がついたことです。僕が働いていた企業はベンチャー企業だったため、裁量権が大きく自由に仕事にチャレンジすることができました。例えば、営業で売り込めなかった時は、製品+特典をつけるという手法で行い工夫して売り込みました。このように自分の考えや方法をすぐに実践的に営業に落とし込めることは日本のインターンでは難しいと思います。しかし海外インターンではスタートアップの企業が多いため自由にチャレンジすることができ、こういった経験が様々な人生の分岐点にも非常に役に立つと思います。
2つ目は、忍耐力がついたことです。日本人とは違いベトナム人は時間にルーズのため納期が間に合わないことがよくあったことです。しかし今、振り返ってみると、このような経験のおかげで今の生活においてもインターンに行く前よりは我慢強くなったと思います。こういった思いがけないことも成長につながることが海外インターンの良いところだと思います。

Q3. 最後に海外インターンに行く方々にメッセージをお願いします。
今回海外インターンを通して大事だと思ったのは、「直感」です! 悩んでいても何も始まりません!だからみなさんまずは海外インターンに行ってみましょう!


ソーシャルで購読する
Facebookで最新情報発信中