3分でわかる!飛び込み営業80件も獲得0件だった海外インターン生が大型受注できたわけ

2016/12/30
726670adc0107cdbae0442e51009933f

本当に結果が出せるのか、自己満足なインターンで終わらないか、新しいことにチャレンジするとき不安や心配になるのは当然です。今回ご紹介する、ベトナム・ホーチミンで広告の営業をしていた鏡味さんは、インターンが始まってもなかなか成果が出ず苦戦していました。そんな彼が大型受注をするまで、一体どのように考え行動に移して行ったのでしょうか?

――何故、海外インターンに参加しようと思われたのですか。
AIESECという学生団体で海外インターンシップ事業の運営に携わっている中で、自分も行ってみたいと思うようになったからです。

大学入学当時、「これからの時代何かしらグローバルな経験をしておこう」とか、「将来的に起業したいから事業系の団体が良いな」とか、そんな軽いノリで同団体に参加したのですが、参加者と接するうちに海外インターンの経験が将来的に生きてくると強く感じました。

でも、当時英語が全然話せなかったので、まずは1カ月間、フィリピンに語学留学に行ってからインターンに参加しました。

――何故、ベトナムを選ばれたのですか。
実は国にこだわりはありませんでした。
最初に紹介して頂いたのがベトナムだったのですが、説明を聞いているうちアジア諸国の中でも目覚ましい発展を続けている国でビジネスを経験したいと思うようになり、そのままベトナムでのインターンを決めました。
saigon-1202818_960_720.jpg

――インターン先ではどのような業務に携わっていたのですか。何故、その仕事を選んだのですか。
ベトナムの生活や観光情報を掲載しているwebサイトの運営会社で、広告営業を担当していました。

営業をすることで課題の一つだと思っていたコミュニケーション能力を高めようと思ったからです。

――インターン中、苦労されたことはありますか。
一つは、英語でのコミュニケーションです。
メールでアポイントが取れて、意気揚々とお店に伺ったら、現地人マネージャーにベトナム訛りの英語でまくしたてられて、面食らってしまいました。結局、商談も上手くいきませんでした。
フィリピン留学で力をつけたつもりでしたが、一口に英語と言っても国によって違いがあることを痛感しました。

もう一つは、初めての営業で右も左もわからなかったこと。
最初の頃、飛び込み営業80件連続で全滅してしまったときは、結構凹んでしまいました。

――どのように困難を克服されたのですか。
英語についてはとにかく勉強しようと思って、業務後に取り組むようになりました。

営業については、お客様にお会いする時どういうスタンスで臨めば良いのかなど、Global Wingさんから基礎知識を渡航前に研修で一通り教えて頂いていたので、まずはそれを見直しました。
それから次にどういうアクションをすればいいか自分なりに考えたものを毎日Global Wingさんに送って、フィードバックを頂いていました。

業務に関して自由にやって良いと言われていたのですが、きちんと第三者の視点を頂けたことでその後の案件獲得に繋がったと思います。

――インターンに参加する前と後で、どのような変化がありましたか?
一番は、自信がつきました。
正直、営業成績は満足の行くものではなかったのですが、自分で試行錯誤して5ヶ月間やりきったという経験は22年間生きてきて初めての事でした。

また、仮説を立て行動するのを繰り返すことで、論理的思考力を身につけられたと思います。

現在就職活動中ですが、キャリア観も変わりました。
今までは起業家の方々の本を読んで「いつかは起業してみたい」と漠然と考えていただけでしたが、具体的なイメージを持てるようになりました。

今でも起業したいという気持ちは変わりませんが、まずは企業に入って力をつけようと思っています。また、小さな組織で裁量権を持って働く経験をして、有名な大企業だけでなく中小企業まで選択肢が広がりました。

――最後に、海外インターンへの参加を検討している学生の皆さんにメッセ―ジをお願いします。
「やらなきゃなんもわからない、悩むヒマがあったら動け!」です。
初めての海外ビジネス、営業経験で上手くいかないことも沢山ありましたが、終わってみて思うことは、良い意味で結果はなるようにしかならないということでした。

帰国まであと数日に迫っていた時、思ったように契約を取れなくて焦っていたのですが、やれるだけやって帰ろうと必死に働いていました。
その中で、事前に何を話そうか一生懸命考えて1時間近く熱弁したのに、断られてしまったクライアントがいたんです。
でも、帰国する日になってそのクライアントから、今までで一番大きい契約成立のご連絡を頂けました。
もし、最後にもう無理だって諦めていたら、この契約は取れていなかったと思います。

学生が海外でビジネスなんて、上手くいかないことの方が多いけれど、それに躊躇して何もしないよりも、思い切ってやっちゃいましょう!

いかがだったでしょうか?まず大きく一歩踏み出す、そして行動しながら考えることで成果が見えてきます。海外インターンシップに限らず、まずは行動してみましょう。


この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。
710f3bd47614fbd7cca7022bac2f99c4
“成長した自分に会いたかった”ベトナムローカル向けのカフェで成長を手にした1大学生の話

圧倒的な成長をしたい、就活前に海外で働いてみたいという方も多くいるのではないでしょうか?今回は実際にGlobalwingの夏プログラムでホーチミンの短期プログラ...

269693bf6d723536635a596351d7bd3b
国内インターンシップ VS 海外インターンシップ これだけは押さえておきたい3つの違い

学年が上がるにつれて気になってくる就職活動。その一環として近年企業は学生向けにインターンシップを開催しています。そこで今回は国内で行われているインターンシップと...

齋藤さん
東大生が留学経験なしで挑戦する、シンガポールでの英語インターンシップ

今回は東京大学経済学部3年次に半年間シンガポールの日系コンサルティングファームで海外インターンシップをしている齋藤遥希さんにインタビューを行いました! ...

ソーシャルで購読する
Facebookで最新情報発信中