短期インターン①|2週間プログラムで体験した、英語でのコミュニケーションとホーチミンの文化

2016/12/08
40876b774f3e03f2102876e695207d15

圧倒的な成長をしてみたい、就活前に海外で働いてみたいという方も多くいるのではないでしょうか?今回は実際にGlobalwingの夏プログラムでにホーチミンでの短期インターンに参加した霜田さんをご紹介します。

海外インターンに参加しようと思ったきっかけ

私は、夏休みを利用して英語を活用する機会を作りたいと思ったことがきっかけで海外インターンシップに参加しました。

実際に現地では、耳にしたことがない人々の英語の訛りにとても苦戦しました。相手の言いたいことがうまく掴めないもどかしさはありましたが、今まで訛りのない英語に触れる機会というものはなかなかありませんでしたので、良い経験になりました。

海外といっても英語は必要ではなく、いかにうまくコミュニケーションがとれるかが重要かということを学びました。ここでアジア圏の英語のイメージを掴むことが出来たと思います。

ベトナムで感じた文化の違い

円滑にコミュニケーションが取れなくても、現地の人々は私たちに対して親しげに接してくれました。ベンタン市場近辺でインタビューをした時には、ある男性が自ら話しかけてくれ、親身にインタビューに応じてくれました。

また、2週間も滞在すると多少なりとも「現地での当たり前」が染みつくものです。例えば、ベトナムでは基本的に信号が無かったので、日本に帰国してからは信号を確認してから渡ることにしばらく違和感を感じていました。

そうした日本とは違ったスタンダードを知ることで、「当たり前」について疑う目を持ち、自分の視野を広げることになったと思います。

現地でのハプニング

ベトナムでのハプニングをひとつ紹介すると、ベンタン市場でお土産を買っている時、通り過ぎた店の店員に腕を掴まれました…危うくサンダルを買わされるところでしたがなんとか乗り切りました。

一回「日本人だ」と分かるとこのように近寄ってくる人も(全てではないですが)いるので、気をつけてください!

霜田さんのように、英語を大きなゴールとしていても、それ以外のことを学び、吸収して帰って来る海外インターン経験者は多数います。
Globalwingではこの夏成長したいあなたへ多数の夏プログラムを用意しています。是非お問い合わせください。


この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。
globy3
22歳が見る、「今」のミャンマーとは vol.04

現在ミャンマーは民主化政策の実行からわずか数年にも関わらず、その変貌ぶりには驚くばかりで、日々急速にグローバル化しています。アジア最後のフロンティアとも呼ばれて...

48ed2b8d53df245da10aeb8424289072 (1)
IT企業でインターンをしている僕がシリコンバレーで考えた未来のキャリアのこと

学4年生の夏にアメリカ西海岸での「総合商社出身の起業家と行くアメリカ西海岸でのビジネス実践プログラム」に参加したIT企業への就職が決まっている二瓶尚之さんをイン...

710f3bd47614fbd7cca7022bac2f99c4
“成長した自分に会いたかった”ベトナムローカル向けのカフェで成長を手にした1大学生の話

圧倒的な成長をしたい、就活前に海外で働いてみたいという方も多くいるのではないでしょうか?今回は実際にGlobalwingの夏プログラムでホーチミンの短期プログラ...

ソーシャルで購読する
Facebookで最新情報発信中