見やすく分かりやすく、ロジックツリーを最大活用

2016/12/07
451d0d4e89a2cb4083b71b0e6ba94719

ロジックツリーとは?

ロジックツリーとは、MECE的な分解を積み重ね、それを上流から順番に構造化、可視化したものです。様々な要素をMECEによって洗い出したものはそのままでは問題点を突き止めるには至りません。ロジックツリーによって可能性を全て洗い出し、様々な検討の土台にすることができます。

何を求めて行うべきなのか?

問題解決には、①全体像をつかむこと②深めるポイントを見極めることが大切です。ロジックツリーにより、より意味のある深堀が可能になり、他の人を巻き込むための説得力をつけることも可能です。下の写真を見てください。
8ede3cde3140d7154feaecfcb12a2112%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc
(http://www.kantokushi.or.jp/lsp/no657/657_01.html)
A製品の売り上げが低迷しているという話から始まり、営業担当者や販売代理店や価格の点から分析をしていき、さらにその原因を探っています。
これを行うことで営業担当者に対して研修サービスを作るべきなのか、価格を抑えるために製造過程を見直すことが必要なのかなどを詳細に検討することができるようになります。

問題の大枠を掴み、その中で一番解決すべき問題に対して対応策を作っていくことが目標になります。

どんな場面で役立つの?

フレームワークを使う、というとこれをしなければいけないのは職種でいえばコンサルタントであったり、役職でいえば上のポジションの人が行ったりするような印象があるかもしれません。
しかし、インターンシップを行っている学生が現場レベルでも力を発揮します。営業先への提案資料をうまくまとめるためにロジックツリーを使って問題点をまとめてみたり、リサーチを行うために何を調べたいのかを明確にするために問題点を書き出してみたり、と行うことも可能です。
自分の思考をクリアにするために実践してみてはいかがでしょうか。


この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。
globy33
誰でも不安?海外インターンをやり切るための4つの秘訣

異文化で生活・仕事をすることは、非常に困難が伴います。せっかく休学をして海外インターンを始めても、その厳しい環境や、理不尽に感じる出来事に途中で辞めてしまう方も...

IMG_1224
アメリカの厳しい環境で得られた「自分が何もできないという名のモチベーション」

今回は大学2年生の夏に「今後の自分を見つめ直すきっかけになれば」と思い、アメリカ西海岸での短期インターンシップに参加した筑波大学の齋藤侑里子(さいとうゆりこ)さ...

下村さん
卒業前に最大のチャレンジをベトナムで!日本の金融系企業への就職を控えているにも関わらず、ホーチミンの・・・

今回は愛知大学法学部5年で、卒業前の2ヶ月間ホーチミンの人材系スタートアップで海外インターンシップを行う下村昌弘さんにインタビューを行いました! 大学生活...

ソーシャルで購読する
Facebookで最新情報発信中