事業分析から自己分析まで!?PPMマトリクスの謎に迫る

2016/07/27
d2b59377a5051bb999aaab31dc3abc9c

会社の中には単一の事業のみではなく、様々な事業が折り重なって売上を出しているケースがほとんどです。しかし、社員や資金には限りがあり、あれもこれもと手を出すことはできません。
その限られたリソースの中で最大限活用して成果を出すには『どの領域に力を入れて、どの商品にフォーカスして戦略を描くのか』ということが重要になります。
それらを考える際に活用できるのがPPMマトリックスになります。

PPMマトリックスとは

PPMとはProduct Portfolio Managementを意味します。このマトリクスは2つの軸から成り立ちます。1つが競合と比較した相対的なマーケットシェアでなり、2つがマーケットそのものの成長性からなっています。この2つを組み合わせると自分がこれからどのように分析を進めようかということをここで分析することができます。

分析方法と注意点

製品を「問題児」「花形」「金のなる木」「負け犬」の4つの枠にわけます。有名なフレームワークなのですがいくつかの点に気を付けなければ誤った使い方をしてしまいかねません。
・問題児…市場は伸びているが、まだ地位を確保できていない商品。花形にするべく投資をする必要がある。ただし、失敗してしまうと負け犬になる可能性も大きい

・花形…伸びている市場の中で、一定の地位を気付き上げた商品。高い売上を見込めるが、その地位を守るために以前投資が必要で、大きな利益は期待できない。負け犬にならないように育て上げ、金の生る木へと脱皮させたい。

・金のなる木…すでに市場は安定期に入り、そこでの地位も確立した商品。新たな投資が必要ないため、大きな利益を稼ぎ出せる。

・負け犬…売り上げも、利益も期待できない商品。早急に撤退すべき。
d023f057025b64d6add9a3651d18116cppm1%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e5%8d%8a%e5%88%86
注意点としては。
①時間軸の概念が組み込まれている。成功する商品は、必ず問題児→花形→金の生る木というパスを通ります。そしてどの段階からも負け犬になってしまう可能性をはらんでいます。
②製造業のように初期投資が大きく、規模の経済が働くビジネスを前提としています。ただ、ビジネススクリーニングマトリックスはPPMマトリクスをより広いビジネスにも活用できるように考えられたものなので、インターンにおいてはこちらが使えます。
6e517869089413f73f7a0468d688b2b4ppm2%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e5%8d%8a%e5%88%86

自分の強み弱み発見にもつなげよう

仕事でこのPPMマトリクスを使うのももちろんですが、今後自分がどのようなスキルに力を入れるべきなのか、どのような方針を取るべきなのかなどを決めていく上でも非常に役立ちます。自分のスキルの充実度×長期的な魅力を加味したマトリックスを作るなど、非常に工夫の余地があるビジネスフレームワークなので活用してみてはいかがでしょうか。


ソーシャルで購読する
Facebookで最新情報発信中