留学ではなく海外インターンを選んだGlobalWing生に現地でインタビュー!

2017/11/23
足立さん

現在、ベトナムのホーチミンで広告の営業をしている足立さんにお話を伺いました!


【自己紹介】

名前:足立怜さん

所属:千葉大学3年生

国:ベトナム/ホーチミン

業種・業界:広告営業

渡航期間:2017/4/21〜渡航
内定先:未定

1,今年の春から渡航されていますが、なぜ海外インターンを選びましたか?

 僕は渡航以前は、普通に大学の講義に行って、友達と遊んだり、バイトしたり普通の大学生でしたね。特に特別なことはしていませんでしたね。ただ、留学には行きたいと思っていました。
でも絶対にコレを学びたい!というものが実はなかったんです。そしたら、個人的に留学はもったいないなと思ってきました。なにか学びたいものがあって、それを学びにいくなら留学はいいとは思うんですけどね。
それを考えた時に、留学以外の選択肢もあるのではないかと思うようになりました。要は、私は海外経験がしたかったんだな、という結論に至りました。
 留学以外の海外経験って、何があるのだろう?と思った時に、大学の先輩が海外インターンの話をしていたのを思い出しました。
 「海外経験」×「なにか」をしたくて、且つその「海外経験」×「なにか」=「密度の濃いもの」にしたくて。そしてワーキングホリデーや語学私費留学よりも、海外インターンが一番、自分が飛躍できそうな気がしました。
 それに加えて、まあ、金銭的なこともありますね(笑)。ベトナムは物価も安いですし、現在インターンをしている会社からは活動支援金も頂いています。

 

2,現在営業をされているということですが、一日の流れを教えてください。

6:30 起床
−洗濯などの家事等−
8:00 出勤
8:30 会社到着
−メール対応、アポ取り、資料作成、MTG−
11:00
−外回り、飛び込み8件前後(多い日は15件くらい)
18:30頃 終了
その後は友達を会ったり、週1回くらいはお客さんとご飯に行くこともあります。予定がない時は、書類作成等をしていますね。
24:00 就寝

3,働いて半年以上が経ちましたが、今までで困難なことはありましたか?

 ベトナムについてすぐの営業期間が辛かったですね。はじめの一週間はOJTのような形でベトナム人のスタッフの営業に同行していたのですが、その後はすぐに1人でした。営業がどういうものなのかわからなかったですし、加えて自分の売っている商材の力がどんどん弱まってきていることを感じていました。とにかく営業をかけてみるんですけど、不安の中を走っているようでした。どこにもニーズがなかったりもして。ほんとに、その期間は単純に辛かったですね(笑)。そんな不安を吐き出せるような友人や先輩もいなかったですし。
 もうひとつは、僕自身モチベーションの波が激しくて、今ちょうど3〜4ヶ月目ブルーというものですかね(笑)。結果をだしても、モチベーションが下がっている自分がいます。来た当初はすごく「がんばるぞ!」という感じで上に向いていたのですが、今は下がっています。
周りの知人が「3〜4ヶ月目に一回(下がる)波がくるよ」と助言してくれているので、今は我慢我慢です。
今はその2つが大変ですね。

4,そこから学んだことも?

 正攻法で勝てない状況に、どういう風に工夫して、抜け道を探すか、ということを考えるようになりました。強い競合が3社ほどあって、その中でどうしたら、僕らを使ってもらうのか。競合がまだ当たっていないクライアントを当たったり、プライベートも含めクライアントと良い関係を作っていくなど、努力しています。
 今、実は僕自身で、新規事業開発もやらせて貰っています。「これは他の企業がやっていない!」という穴というか、チャンスを探すことにエネルギーを注いでいます。
 営業マンとして渡航しましたが、営業だけではなくて、新サービスの企画・運営もやらせてもらっています。そんな中で、今の目標は、紙面のフリーペーパーの営業マンとして、自分の力を付けること、と新しいサービスをはやくローンチさせて、会社の事業として確率させることです。

5,現時点で将来どのような仕事をしたいと思っていますか?

まだすごく曖昧です。もともとは営業マンとして、渡航しましたが、今はPR活動など営業以外のこともやっています。興味がなかった分野の仕事でも、やってみると意外とオモシロイし、やってみたらやりがいもあります。今は、業界や職種を絞ることなく、いろいろな事を見ていきたいです。

 

6,最後に読者の方に一言お願いいたします。

海外インターンでは、すごく厳しい環境に身を置いて、活動することになります。
その分、自分が挑戦できるチャンスが無限に転がっているので、自分を高めたい、自分の力を試したいという人には最適な場所だと思います。

 

いかがでしたか?
現地では元々の仕事の営業だけではなく、新規事業開発にも携わっている足立さんの行動力に驚かされました。
今後の足立さんにも注目です。
GlobalWingではアジア地域でのインターンシップを中心に紹介し、インターンシップ期間中も二人三脚でサポートを行っております。興味がある、また、興味はあるけど不安や悩みがある人などいらっしゃいましたらぜひ下記リンクよりまずは無料カウンセリングをお問い合わせください。
http://globalwing.jp/contact

———————————————————————————————————————————
記事作成者: 森美月(もりみづき)
大学4年次に、ベトナムに渡航しスタートアップ事業を行う。
2018年4月からITベンチャー企業に就職予定。


ソーシャルで購読する
Facebookで最新情報発信中