ジャカルタ文化に深く浸透した3ヶ月とは/テニス一筋だった体育会系男子 筑波大学 重本啓太郎さん

2017/02/07
71fef5c469b1de93aaedbec4fe4953eb (1)

■海外インターンシップに参加される前は、大学生活はどのように過ごされていましたか?

大学4年間はテニス部に所属していました。毎日、トレーニングと練習という忙しい日々を送っていました。勉強はあまりしていなかったと思います。在学期間中は将来のことについて真剣に考える機会がなかったですし、持とうとも思いませんでした。

ただ、長い間海外にいる兄の影響もあって、大学4年次に海外へ留学したいという思いが強くなったので、4年間テニスに勤しんだ後、1年間と半年休学してイギリス留学に行くことを決意しました。

体育会の部活動に所属していて、留学を考えるという人は結構珍しいと思いますし、休学は勇気がいりました。

しかし、後悔は全くなく、それ以上に素晴らしい経験ができたと思っています。

■インターンシップ前と後のインドネシア、ジャカルタのイメージを教えて下さい。

インドネシアに行く前のイメージは…人口が割と多いということだけですね。

それから、ジャカルタってなんかジャングルっぽい。このイメージに関しては完全に僕の無知でしたが、正直イメージはこの2つしかなかったです。

現地についてインターンシップが始まってからは、都会だなって印象に変わりました。富裕層と貧民層が混住している不思議な都市、そんな印象です。僕はヨーロッパの方とアメリカにしか、海外に行ったことがなかったので、発展途上国と分類される国に行くのは初めてでした。予想に反して高層マンションや高層ビルが立ち並んでいて、田舎から東京に出てきた若者の気分になっていました。笑

一方で、大型ショッピングモールの前にスラム街のような場所が混在するなど、日本では目にできない光景もあり、とても興味深かったです。


この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。
globy43
【GLナビゲーション× 休活BLOG】学生生活このままでいいの? 〜『休学経験者』から聞く、様々なカ・・・

「このままの学生生活で果たして良いのだろうか…?」 こんな疑問を持ったことはありませんか? でも、 「変えたいけど、どう変えていいのか分からな...

42e412d9e9ce96b4a9c9278b1d7257d5
日本人利用者率0%から20%へ。

■今回、海外インターンに挑戦しようと思ったキッカケ 私は、高等専門学校、いわゆる高専出身で、「将来、大手メーカーに就職して高給取りになる」と考えていました。大...

16237318_1854192604857154_745607682_n (1)
ベトナムで資金調達を成功させ、初の国際サッカー大会を開催した海外インターン生へのインタビュー‐後編‐

近畿大学の4回生の途中で1年間休学をし、現在ハノイのスタートアップでインターンシップをしている片山裕之さんにインタビューを行いました! 前編はこちらになり...

ソーシャルで購読する
Facebookで最新情報発信中