海外インターン|長期でインターンをする6つのメリットー後編ー

2017/01/16
photo-1454997423871-b5215756e54d

海外インターンには、3ヶ月から半年以上の長期と、2週間〜1ヶ月程度と2種類ありますが、それぞれでどのようなメリットがあるのか。今回は長期インターンので6つのメリットについて見ていきます。今回後編として残りの3つを見ていきます。

4、 自分の人生について考える時間がある

Globy5

長期インターンでインターン生が使うような家には、基本的に日本語が映るテレビはありません。
行った国の生活習慣が自然と身に付きます。

そうのような環境の中で生活していると必然的に一人の時間を持つことができます。
日本人が周囲に少なく、日頃よく話す友達もいないという特殊な環境下だからこそ、海外に来てこれからどう生きていこうかということについて、自分自身と素直に向き合う時間がとることが出来ます。

行く前は周囲の意見を気にして、大企業に就職し安定した人生を歩みたいと思っていた人が、海外インターンを経験したことで180度考え方が変わり、自分でビジネスを創って行きたいという参加者もいます。

5、 多くの価値観が吸収できる

現地のローカルな生活に溶け込めるということが長期のメリットであり、その土地に住む人々の価値観をそこから学ぶことが出来ます。
海外の同世代の人は何を考えているのか、そしてどうしてそのようなことを考えているのか、
これを知ることは今まで自分にはなかった気付きを与えてくれます。

また、日本人からも学ぶことが出来ます。
基本的に日本人の大学生があまりいない海外では、会う人みんなが基本的にフレンドリーで、
普段は会えないような現地の日系企業の経営者の方や起業家が、気軽に実体験を聞かせてくれます。

そのような方から話を聞くことで今までなかった価値観を吸収することができます。

6、 現地で恋人が作りやすい(笑)

これは余談ですが、日本ではモテないけど海外へ出ると激的にモテるなんてことがあったりしますよ(笑)

いかかがですか?海外インターンを長期でやるとこのような6つのメリットがあります。
就職でのアピールできますし、自分に自信もつきます。あなたも長期海外インターンで、圧倒的な成長を手にしませんか?


ソーシャルで購読する
Facebookで最新情報発信中