ベトナム人にも愛される!?海外インターン生が見たサッポロビールが海外でも人気な秘密

2017/01/06
globy29

ベトナムはビールの宝庫。コンビニに行けばベトナムオリジナルの333(バーバーバー)やサイゴンスペシャルといったビールを始め、タイガービールやシンハ、青島ビールまで幅広く楽しむことができます。世界のいたるところから10種類以上のビールがある中で異色を放つのが日系の「SAPPORO」。日本人はもちろんのことベトナム人にも圧倒的な人気を誇っています。そこで今回はベトナムにおけるSAPPOROの秘密を探っていきます。

ベトナムのビール事情

上述したようにベトナムは世界各国からビールが集まっているため、日本よりも圧倒的に多国籍なビールをコンビニなどで一缶20,000ドン(日本円で120程度)で手にいれることができます。特にハイネケンやタイガービールは広告を多数使用する他、多くの店舗で扱われるなど浸透化を進めているようです。

ベトナム人は基本的に常温で大量にお酒を飲むという酒好きで、特に冷たいほうがいいときは大きな氷を入れて飲むのが習慣のようです。しかし、「氷を入れるということも相まってどうしても味が薄く感じてしまう」と多くのインターン生や現地在住の日本人の方々も言っていました。日本人にとってはベトナムでのビールの飲み方を好まない方もいらっしゃるようです。

ベトナムでは生ビールはそこまで人気ではありません。それは気温が高いベトナムでは生でなほうが良質・安全であるからだとベトナム人は言います。そのようなベトナムのビール市場において日本人が好むビールの味、生ビールを売りに行くというのは非常に困難なように感じるのです。

日本流接客と現地生産へのこだわり

サッポロビールはアジアのビール市場においてその消費量が3位というベトナム市場で2010年「サッポロ・ベトナム・リミッテッド」を設立、本格的にベトナム市場の開拓を始めました。サッポロが特にこだわったのが現地で作るビール。地域で最も愛されるビール作りが始まりました。

もちろん一からのブランド作りとなったため最初は全く相手にしてもらえなかったといいます。そんな状況の中ブランドを確立するためにPR戦略の中心を担ったのが「プロモーションガール」。ただビールをPRするだけではなく、日本流の接客を取り入れ丁寧な挨拶と愛想のよい笑顔が客や店の好評を買い、次第にサッポロはベトナムで1ブランドとしての地位を確立していきました。
globy30
引用:SKETCHPRO(http://sketchpro.biz/feature/11/3/)

また現地人の心をつかむための戦略もSAPPOROは取り入れています。650ml入りのシルバーカップと呼ばれる高級感のある商品はアルミではなくスチールでできているため固く、プライドが高く見栄っ張りなベトナム人に日本でいうところのスターバックスのようなブランドの高級感を取り入れた商品は受けました。日本古来の味と生の風味はベトナム人と現地に住む20,000人の日本人の心を満たしています。

サッポロビールの海外進出

サッポロのビールの勢いはベトナムだけに留まりません。アメリカでも27年連続アジアメーカービールでシェア第1位。355ml入りのビール缶が普通のサイズのアメリカにてサッポロ瓶生の大瓶を発売するなど物珍しさが人気の火種になるなど、現地に合わせた販売を行っています。2006年にはカナダ第3位のスリーマンビール社を買収し、さらに販路の拡大につなげています。

シンガポールでも新たな取り組みがすすめられています。「銀座ライオン」を運営するサッポロライオンが現地のポッカホールが手がけていたビアホール事業を継承・発展させています。これまでサッポロライオンが手にしてきたノウハウとポッカホールが持つ現地の情報を融合させたサッポロのビアホールは今後も期待できそうです。

globy31引用:サッポロビール株式会社(http://www.sapporobeer.jp/kanpai/sengen/kaku/03/index.html)

もともとサッポロビールがこだわってきた現地生産・現地浸透の文化はビールというそれぞれの国を反映した商品にとってはかかせないものになっていると思います。自分たちの感覚値だけでは一人歩きしてしまうものでも、現地のパートナーとの協力によって国境を越えた取り組みができるのではないでしょうか。

参考:SKETCHPRO(http://sketchpro.biz/feature/11/3/)
サッポロビール株式会社(http://www.sapporobeer.jp/kanpai/sengen/kaku/03/index.html)
———————————————————————————————————
記事作成:酒井陽大(さかい ようだい)
横浜市立大学2年 2015年2月より5ヶ月間ベトナム・ホーチミンにてコミュニティサイトの広告営業・企画・編集を行う。


ソーシャルで購読する
Facebookで最新情報発信中