企業がインターンシップを受け入れる4つのメリット

2017/01/06
globy20

今回は、「インターンシップで志望の業界・職種に内定する方法」を参考に企業がインターンを受け入れるメリットについて紹介します。

インターンシップとは?

インターンとは一言で述べると学生が企業に体験入社することです。
また本書では、インターンについて「働くということが、どういうものなのかを実感できれば、自分がどんな仕事をしたいのかが次第に見えてくる」とも述べています。つまり、インターンとは「働く」ということについて具体化できることなのです!

企業がインターンシップをするメリット

学生がインターンをするメリットして業界・職種のことがよく分かる、就活に必要なコミュニケーション能力が身につけられるなど様々あります。それでは企業がインターン生を受け入れるメリットとは何なのでしょうか?

①やる気のある人材の確保
厚生労働省2の調べによると大学の平成23年3月の卒業者の離職率は32.4%です。企業にとって、離職されることはまた新しい人を雇わなくてはならないという点においてコストがかかったりして、問題視されています。
しかし、学生がインターンに参加した上で企業を選んだ場合、働く意欲はあるため、辞める確立も低くなります。そこで企業は「すぐに辞めない」人材を確保できる方法としてインターンシップを行っています。

②採用広報になる
人事担当者にとって就活情報サイトに掲載されている企業が多い中で、自分の企業にエントリーしてもらうことは大きな課題でもあります。
本書の例では、あるIT企業がインターンで優秀な成績を残した学生に無料でインド視察を招待したところ、その年以降のエントリー数が増加し、有名企業になったことを紹介しています。つまり、インターン生を受け入れることは、その学生が自らの情報発信者となってくれるため企業にとっても大きなメリットになるのです。

③社内の活性化になる
本書によると、多くの企業でインターンを受け入れるメリットとして“社内の活性化”がよく言われています。学生は社会人と比べて、柔軟な発想を持っており、周りの社員の刺激、また会社の活発化につながっています。

④学生の力がビジネスになる
学生の力が会社の利益に大きく貢献している例を本書では挙げています。例えば、ある会社ではインターン生を多く受け入れ、1つの事業部をインターン生のみに任せています。そしてその1つの事業部の月商1000万円を越えることもあるそうです。つまり、多くのインターン生は実際の現場でかかせない戦力となり、会社に大きな貢献をもたらしてくれることを表しています。

参考文献
1太田智文(2009)『インターンシップで志望の業界・職種に内定する方法』東洋経済新報社
2厚生労働省 「若者雇用関連データ」
http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/01/tp0127-2/12.html 
(2015/10/24アクセス)


ソーシャルで購読する
Facebookで最新情報発信中